調剤薬局事務のお仕事Navi

調剤薬局事務ってどんな仕事? - 調剤薬局事務のお仕事Navi

調剤薬局事務ってどんな仕事?

近年、芸能人の方が資格を取得され、調剤薬局事務という仕事が注目される機会が増えていますね。
求人情報などで見られて、気になっている方も多いかと思います。
みなさんは、調剤薬局事務がどんな仕事かご存知ですか?
今回は調剤薬局事務がどんな仕事か、紹介させていただきます。

簡単に言うと、調剤薬局事務とは調剤薬局などで事務全般を担当するお仕事です。
事務全般とは具体的に、受付業務や会計業務、レセプト業務(調剤報酬請求事務)などを指します。
調剤薬局での、薬剤師をサポートする業務、と言えばイメージし易いでしょうか。
事務といっても簡単な仕事ではなく、特にレセプト業務は専門的な知識が必要になります。
またパソコンでの事務作業も多く、几帳面さが求められる仕事です。

ちなみに、調剤薬局とは何か、ご存知でしょうか。
調剤薬局は医師が処方した処方箋に基づいて、薬を調剤してくれるところです。
みなさんが処方箋を持っていかれるところ、言えばわかり易いでしょうか。
薬の調剤は薬剤師の仕事なので、調剤薬局には必ず薬剤師がいます。
最近は調剤室を併設されているドラッグストアも多いので、調剤薬局=ドラッグストアと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この2つは違うものなのです。

厚生労働省がすすめる医薬分業の制度にともない、現在お薬は院外処方されるのがほとんどです。
それにともなって調剤薬局の数はどんどん増えてきているのが現状です。
そういった背景もあり、調剤薬局事務は非常にニーズの高い仕事となっています。
みなさんの職業選択の際に、調剤薬局事務という選択肢を加えてみてはいかがでしょうか。

top